矢嶋君と齋田さんと上野君が応用物理学会で発表

M2の矢嶋君とM1の齋田さんと上野君が応用物理学会で発表しました。

テラヘルツ波による極短パルス電子線のパルス幅計測
矢嶋 渉, 嵐田 雄介, ⻄森 亮太, 江本 悠河, 山本 祐揮, 川崎 康平, 齋田 友梨, 鄭 サムエル, 赤田 圭史, 田久保 耕, 重川 秀実, 藤田 淳一, 腰原 伸也, 吉田 昭二, 羽田 真毅

光剥離する有機分子材料の構造ダイナミクスの相依存性
齋田 友梨, 小⻄ 智暉, 佐藤 竜馬, 中池 由美, 矢嶋 渉, 四方 諒, 山田 洋一, 原 光生, 齊藤 尚平, 羽田 真毅

Cu2Sナノ粒子の光照射による超イオン伝導体相への構造変化
上野 辰, 四方 諒, 齋田 友梨, 坂本 雅典, 羽田 真毅

「The Journal of Physical Chemistry A」誌のサプリメンタルカバーイラストに採用

「Development of a Multitimescale Time-Resolved Electron Diffraction Setup: Photoinduced Dynamics of Oxygen Radicals on Graphene Oxide」の論文のイラストが米国化学会「The Journal of Physical Chemistry A」誌の126巻36号のサプリメンタルカバーイラストに採用されました。

M1齋田さんの筆頭著者の論文が米国化学会「The Journal of Physical Chemistry A」誌に掲載

M1齋田さんが筆頭著者の論文「Development of a Multitimescale Time-Resolved Electron Diffraction Setup: Photoinduced Dynamics of Oxygen Radicals on Graphene Oxide」が米国化学会「The Journal of Physical Chemistry A」誌に掲載に掲載されました。

https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.jpca.2c04075

ピコ秒からミリ秒の9桁の時間のダイナミックレンジを持つ時間分解電子線回折装置の開発に成功しました。岡山大学と広島工業大学との共同研究です。

矢嶋君と齋田さんと塩谷君が国際会議OLC2021SWS2022で発表します

M2の矢嶋君とM1の齋田さんとB4の塩谷君が国際会議OLC2021SWS2022でポスター発表します。羽田も講演します。

Development of a terahertz pump and electron diffraction probe setup for the dynamics measurements of liquid crystals
W. Yajima, Y. Arashida, R. Nishimori, Y. Emoto, Y. Yamamoto, K. Kawasaki, Y. Saida, S. Jeong, K. Akada, K. Takubo, H. Shigekawa, J. Fujita, S. Koshihara, S. Yoshida, M. Hada

Phase dependence of structural dynamics and adhesive function of light-melt adhesive materials
Y. Saida, T. Konishi, R. Sato, Y. Nakaike, W. Yajima, R. Shikata, Y. Yamada, M. Hara, S. Saito, M. Hada

Development of a multitimescale time-resolved electron diffraction setup: from picosecond to millisecond timescale
K. En-ya, Y. Saida, R. Shikata, S. Ohmura, Y. Nishina, M. Hada

Ultrafast time-resolved electron diffraction measurements aimed at the research for dynamics of liquid crystals
M. Hada

http://olc2021.org/SWS2022/