M1四方君が筆頭著者の論文が英国物理学会「Nanotechnology」誌に掲載

M1四方君が筆頭著者の論文「Enhancement of the mechanical and thermal transport properties of carbon nanotube yarns by boundary structure modulation」が英国物理学会「Nanotechnology」誌に掲載に掲載されました。

https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1361-6528/ac57d5

時間分解電子線回折法で得られた知見をカーボンナノチューブ複合体のマテリアルデザインに応用することに成功しました。岡山大学と北海道大学との共同研究です。ご協力の皆様には大変感謝しております。

共著論文が米国化学会「ACS Applied Nano Materials」誌に掲載

羽田の共著論文「Highly Oriented Carbon Nanotube Supercapacitors」が米国化学会の「ACS Applied Nano Materials」誌に掲載されました。

https://pubs.acs.org/doi/full/10.1021/acsanm.1c04236

岡山大学の鈴木先生、井上君、丸井君、小松原君が頑張りました。

共著論文が「Physics Reports」誌に掲載

羽田の共著論文が、「Challenges for developing photo-induced phase transition (PIPT) systems: From classical (incoherent) to quantum (coherent) control of PIPT dynamics」が「Physics Reports」誌に掲載されました。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0370157321003744

東京工業大学の腰原先生の大作です。

齋田さんがOLC2021で発表

B4の齋田さんがOLC2021(国際会議)で発表しました。

Ultrafast time-resolved electron diffraction with double-pulse-excitation applied to the light-melt adhesive based on a flapping triphenylene liquid crystal

Yuri Saida, Tomoaki Konishi, Ryuma Sato, Yumi Nakaike, Wataru Yajima, Ryo Shikata, Mitsuo Hara, Shohei Saito, Masaki Hada

羽田も発表(招待講演)しました。

Ultrafast collective motions of liquid-crystalline azobenzene molecules observed by ultrafast time-resolved electron diffraction

Masaki Hada, Daisuke Yamaguchi, Takashi Kato

http://olc2021.org/