M1齋田さんの筆頭著者の論文が米国化学会「The Journal of Physical Chemistry A」誌に掲載

M1齋田さんが筆頭著者の論文「Development of a Multitimescale Time-Resolved Electron Diffraction Setup: Photoinduced Dynamics of Oxygen Radicals on Graphene Oxide」が米国化学会「The Journal of Physical Chemistry A」誌に掲載に掲載されました。

https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.jpca.2c04075

ピコ秒からミリ秒の9桁の時間のダイナミックレンジを持つ時間分解電子線回折装置の開発に成功しました。岡山大学と広島工業大学との共同研究です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。