羽田が責任著者の論文が、米国物理協会「Review of Scientific Instruments」誌に掲載

羽田が責任著者の論文「Generation of sub-100 fs electron pulses for time-resolved electron diffraction using a direct synchronization method」が、米国物理協会「Review of Scientific Instruments」誌に掲載されました。

https://aip.scitation.org/doi/10.1063/5.0086008

プレスリリースされました。

https://www.tsukuba.ac.jp/journal/technology-materials/20220602140000.html

東工大の田久保先生と当研究室のM2の矢嶋君が頑張りました。私も頑張りました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。