日本物理学会で発表

東京工業大学で共同開発した新奇の超高速時間分解電子線回折装置に関して、日本物理学会で発表しました。

数十フェムト秒電子線回折装置の開発:シリコン薄膜の光誘起ダイナミクス

田久保耕、Jin Sichen、Samiran Banu、金子水咲、石川忠彦、沖本洋一、腰原伸也、矢嶋渉、羽田真毅、林靖彦

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中