共著論文が米国物理協会「The Journal of Chemical Physics」誌に掲載

羽田の共著論文「Liquid-like dielectric response is an origin of long polaron lifetime exceeding 10 μs in lead bromide perovskites」が米国物理協会の「The Journal of Chemical Physics」誌に掲載されました。

https://aip.scitation.org/doi/10.1063/1.5127993

九州大学と岡山大学との共同研究です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中